研究したり議論したりすることがいけないのか?


カテゴリ
tomozo
tomozo/一覧 (112)



2004年12月
     
6
 

新着エントリ
朝鮮学校無償化を憂う (11/24)
民主党ヨイショの鳥越俊太郎 (11/22)
尖閣 中国漁船衝突映像 (11/6)
五輪招致失敗の理由 (10/3)
暴動隠す朝日新聞 (7/8)
人種差別、職業差別をあおる朝日新聞 (2/15)
米兵少女暴行事件、非道な米兵は出て行け! (2/12)
ジェイティフーズの輸入したギョウザで中毒! (1/30)
鳥越俊太郎の印象操作−銃とくれば米軍か自衛隊? (12/15)
王子って何だ? (10/20)
外国人犯罪を日本人犯罪と誤解させる朝日新聞 (10/1)
SDな朝日新聞 (8/10)
主催者報じない朝日新聞 (7/16)
大谷昭宏 (5/19)
NEWS23の伝える不法滞在 (4/20)
民主主義を売り物にする朝日新聞 (4/19)
韓国出身学生と韓国人学生 読者の誤解?を期待する新聞社 (4/18)
朝日新聞の考え (4/15)
算数で洗脳? (4/15)
TBS・みのもんた「もうはっきり言って、廃業してもらいたい」 (3/29)
ドラフト不祥事 (3/24)
代理出産 (3/24)
特定候補をねらい打ちする朝日新聞 (3/22)
相川俊英ってジャーナリストを名乗っているようだが・・・ (12/17)
通名使用は実名報道の例外! (12/10)
朝日の教えは平和をもたらすのか? (10/12)
強姦強盗犯の名前を隠す神戸新聞 (10/12)
市民団体名を隠すNHK (10/11)
在日特権?通名でカードが作れるの? (8/22)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2004年 (30)
5月 (1)
9月 (2)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (7)
2005年 (43)
1月 (18)
2月 (12)
3月 (4)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (5)
8月 (1)
11月 (1)
2006年 (16)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (8)
10月 (3)
12月 (2)
2007年 (15)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2008年 (3)
1月 (1)
2月 (2)
2009年 (2)
7月 (1)
10月 (1)
2010年 (3)
11月 (3)


アクセスカウンタ
今日:3
昨日:112
累計:247,744


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年12月06日(Mon)
< 2004/11/28 朝日新聞社説 ... < 2004/12/2 朝日新聞社説 イ... | マスコミ批評/一覧 | 2004/12/07 朝日新聞社説 ... > 2004/12/18 朝日新聞社説 ...
研究したり議論したりすることがいけないのか?

朝日新聞は、自民党の憲法改正案検討の過程で、同党の中谷氏が陸上自衛隊幹部の意見を聞いたとして批判的記事を掲載している。
陸自幹部が改憲案 自民起草委の中谷委員長が依頼
> 憲法改正という政治課題について「制服組」が具体的な考え方を示したこと
> は、「文民統制」や公務員の憲法尊重擁護義務の観点から問題となりそうだ。
> 防衛庁は、幹部の行動が自衛隊法61条に定めた「政治的行為の制限」など
> への抵触や、防衛庁設置法23条に定めた「幕僚監部の所掌事務」の逸脱に
> あたらないか調査を始めた。

現憲法下にあって想定される事態に対応が困難なことの有無やその事柄を研究するには、それぞれの分野で実務を担っている専門家の意見を聞くことは当然である。国防に関して自衛隊幹部の意見を聞くことのどこに問題があるというのだろうか。

まず、文民統制である。文民という語は憲法にある。
----------------------------------------------------------
憲法第六十六条
 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
 2 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
 3 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。
----------------------------------------------------------
これだけである。すなわち文民で構成される内閣の下に行わなければならないということである。自衛隊は自衛隊としての行動を文民によって統制されているのである。それだけである。

次に憲法尊重擁護義務である。
----------------------------------------------------------
憲法第九十九条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
----------------------------------------------------------
自衛隊員に限ったことではない。将来の国のあり方を議論することが憲法の尊重、擁護に反するというなら、それは民主主義の否定である。

自衛隊員の政治的行為の制限についてみてみよう。
----------------------------------------------------------
自衛隊法
(政治的行為の制限)
第六十一条
 隊員は、政党又は政令で定める政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除くほか、政令で定める政治的行為をしてはならない。
2 隊員は、公選による公職の候補者となることができない。
3 隊員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない。
----------------------------------------------------------
二段構えになっている。政令で定める政治的目的とは、
----------------------------------------------------------
自衛隊法施行令
(政治的目的の定義)
第八十六条
 法第六十一条第一項に規定する政令で定める政治的目的は、次の各号に掲げるものとする。
一 衆議院議員、参議院議員、地方公共団体の長、地方公共団体の議会の議員、農業委員会の委員又は海区漁業調整委員会の委員の選挙において、特定の候補者を支持し、又はこれに反対すること。
二 最高裁判所の裁判官の任命に関する国民審査において、特定の裁判官を支持し、又はこれに反対すること。
三 特定の政党その他の政治的団体を支持し、又はこれに反対すること。
四 特定の内閣を支持し、又はこれに反対すること。
五 政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張し、又はこれに反対すること。
六 国又は地方公共団体の機関において決定した政策(法令に規定されたものを含む。)の実施を妨害すること。
七 地方自治法に基く地方公共団体の条例の制定若しくは改廃又は事務監査の請求に関する署名を成立させ、又は成立させないこと。
八 地方自治法に基く地方公共団体の議会の解散又は法律に基く公務員の解職の請求に関する署名を成立させ、若しくは成立させず、又はこれらの請求に基く解散若しくは解職に賛成し、若しくは反対すること。
----------------------------------------------------------
以上は目的であって「・・・反対すること」などのそのものが制限されている訳ではない。そのような目的をもってする政令で定める政治的行為が制限されているのである。
----------------------------------------------------------
(政治的行為の定義)
第八十七条
 法第六十一条第一項に規定する政令で定める政治的行為は、次の各号に掲げるものとする。
一 政治的目的のために官職、職権その他公私の影響力を利用すること。
二 政治的目的のために寄附金その他の利益を提供し、又は提供せず、その他政治的目的を持つなんらかの行為をし、又はしないことに対する代償又は報酬として、任用、職務、給与その他隊員の地位に関してなんらかの利益を得若しくは得ようと企て、又は得させようとし、あるいは不利益を与え、与えようと企て、又は与えようとおびやかすこと。
三 政治的目的をもつて、賦課金、寄附金、会費若しくはその他の金品を求め、若しくは受領し、又はなんらの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与すること。
四 政治的目的をもつて、前号に定める金品を国家公務員に与え、又は支払うこと。
五 政党その他の政治的団体の結成を企画し、結成に参与し、又はこれらの行為を援助すること。
六 特定の政党その他の政治的団体の構成員となるように又はならないように勧誘運動をすること。
七 政党その他の政治的団体の機関紙たる新聞その他の刊行物を発行し、編集し、若しくは配布し、又はこれらの行為を援助すること。
八 政治的目的をもつて、前条第一号に掲げる選挙、同条第二号に掲げる国民審査の投票又は同条第八号に掲げる解散若しくは解職の投票において、投票するように又はしないように勧誘運動をすること。
九 政治的目的のために署名運動を企画し、主宰し、若しくは指導し、又はこれらの行為に積極的に参与すること。
十 政治的目的をもつて、多数の人の行進その他の示威運動を企画し、組織し、若しくは指導し、又はこれらの行為を援助すること。
十一 集会その他多数の人に接し得る場所で又は拡声器、ラジオその他の手段を利用して、公に政治的目的を有する意見を述べること。
十二 政治的目的を有する文書又は図画を国の庁舎、施設等に掲示し、又は掲示させ、その他政治的目的のために国の庁舎、施設、資材又は資金を利用し、又は利用させること。
十三 政治的目的を有する署名又は無署名の文書、図画、音盤又は形象を発行し、回覧に供し、掲示し、若しくは配布し、又は多数の人に対して朗読し、若しくは聴取させ、あるいはこれらの用に供するために著作し、又は編集すること。
十四 政治的目的を有する演劇を演出し、若しくは主宰し、又はこれらの行為を援助すること。
十五 政治的目的をもつて、政治上の主義主張又は政党その他政治的団体の表示に用いられる旗、腕章、記章、えり章、服飾その他これに類するものを製作し、又は配布すること。
十六 政治的目的をもつて、勤務時間中において、前号に掲げるものを着用し、又は表示すること。
十七 なんらの名義又は形式をもつてするを問わず、前各号の禁止又は制限を免かれる行為をすること。
2 前項各号に掲げる行為(第三号の場合においては、前項第十六号に掲げるものを除く。)は、次の各号に掲げる場合においても、法第六十一条第一項に規定する政治的行為となるものとする。
一 公然又は内密に隊員以外の者と共同して行う場合
二 自ら選んだ又は自己の管理に属する代理人、使用人その他の者を通じて間接に行う場合
三 勤務時間外において行う場合
----------------------------------------------------------
良く読んでいただきたい。公に、多数の人を相手にするのでなければ、意見を述べることは政治的行為にならない。

最後に幕僚監部の所掌事務である。
----------------------------------------------------------
防衛庁設置法
(幕僚監部の所掌事務)
第二十三条  陸上幕僚監部は陸上自衛隊について、海上幕僚監部は海上自衛隊について、航空幕僚監部は航空自衛隊についてそれぞれ次の事務をつかさどる。
一  防衛及び警備に関する計画の立案に関すること。
二  教育訓練、行動、編成、装備、配置、情報、経理、調達、補給及び保健衛生並びに職員の人事及び補充の計画の立案に関すること。
三  隊務の能率的運営の調査及び研究に関すること。
四  部隊等の管理及び運営の調整に関すること。
五  長官の定めた方針又は計画の執行に関すること。
六  その他長官の命じた事項に関すること。
2  長官は、必要があると認める場合には、前項の規定にかかわらず、一の幕僚監部に他の幕僚監部の事務の一部を処理させることができる。
----------------------------------------------------------
所掌事務にないことを考えたり、意見を言ったりすることがいけないことなのだろうか。
およそすべての行政組織はそれぞれの設置法によって所掌事務が定められているが、それを逸脱する意見を述べてはいけないのでは時代の変化に対応することはできないではないか。
防衛庁としては制服組が意見を言うことを嫌っているのであろうが、実務的なことは制服組の意見を聞くべきであろう。
朝日新聞は軍隊とか制服とか、そういうものはその存在さえ消してしまいたいのだろうが、現実の世界で国のありようを考えなければならないのである。