2004/12/07 朝日新聞社説 陸自幹部案――とんでもない勘違い


カテゴリ
tomozo
tomozo/一覧 (112)



2004年12月
     
7
 

新着エントリ
朝鮮学校無償化を憂う (11/24)
民主党ヨイショの鳥越俊太郎 (11/22)
尖閣 中国漁船衝突映像 (11/6)
五輪招致失敗の理由 (10/3)
暴動隠す朝日新聞 (7/8)
人種差別、職業差別をあおる朝日新聞 (2/15)
米兵少女暴行事件、非道な米兵は出て行け! (2/12)
ジェイティフーズの輸入したギョウザで中毒! (1/30)
鳥越俊太郎の印象操作−銃とくれば米軍か自衛隊? (12/15)
王子って何だ? (10/20)
外国人犯罪を日本人犯罪と誤解させる朝日新聞 (10/1)
SDな朝日新聞 (8/10)
主催者報じない朝日新聞 (7/16)
大谷昭宏 (5/19)
NEWS23の伝える不法滞在 (4/20)
民主主義を売り物にする朝日新聞 (4/19)
韓国出身学生と韓国人学生 読者の誤解?を期待する新聞社 (4/18)
朝日新聞の考え (4/15)
算数で洗脳? (4/15)
TBS・みのもんた「もうはっきり言って、廃業してもらいたい」 (3/29)
ドラフト不祥事 (3/24)
代理出産 (3/24)
特定候補をねらい打ちする朝日新聞 (3/22)
相川俊英ってジャーナリストを名乗っているようだが・・・ (12/17)
通名使用は実名報道の例外! (12/10)
朝日の教えは平和をもたらすのか? (10/12)
強姦強盗犯の名前を隠す神戸新聞 (10/12)
市民団体名を隠すNHK (10/11)
在日特権?通名でカードが作れるの? (8/22)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2004年 (30)
5月 (1)
9月 (2)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (7)
2005年 (43)
1月 (18)
2月 (12)
3月 (4)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (5)
8月 (1)
11月 (1)
2006年 (16)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (8)
10月 (3)
12月 (2)
2007年 (15)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2008年 (3)
1月 (1)
2月 (2)
2009年 (2)
7月 (1)
10月 (1)
2010年 (3)
11月 (3)


アクセスカウンタ
今日:3
昨日:112
累計:247,744


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年12月07日(Tue)
< 2004/12/2 朝日新聞社説 イ... < 研究したり議論したりする... | マスコミ批評/一覧 | 2004/12/18 朝日新聞社説 ... > 2004/12/25 朝日新聞社説 ...
2004/12/07 朝日新聞社説 陸自幹部案――とんでもない勘違い

昨日朝日記事について書いたが今日の朝日社説には本当に驚いた。とんでもない勘違いな社説である。

>  ただ、自衛官がその意見を表明するには、内容にも手続きにも、文民
> 統制という民主主義国に共通のルールから来る一定の枠があるはずだ。
一定の枠を説明してもらいたいものである。中谷長官は国防の専門家の立場からの意見を求めたにすぎない。問題点を把握し、論点を整理して議論する。幅広い議論を行っていくことが民主主義の基本ではないか。
文民統制とは軍隊の運用に当たっての政治の優位性を担保しているものである。
実際に自衛隊が出動するような事態に陥った場合に、シビリアンコントロールを確実に担保するためには、統制する側の「文民」が自衛隊を動かすだけの知識、現憲法下の誓約に対する問題点などをしっかりと理解しておくことが求められる。そのためには平時において制服組からしっかりと話を聞いておくことが必要である。
朝日新聞の主張は言論統制であり民主主義を真っ向から否定すると同時に、実際には文民統制の原則さえ踏みにじるものである。

>  制服自衛官は職に就くとき、憲法を守ることを宣誓する。職務の重さ
> ゆえだ。ならば、個々の防衛政策について、それが憲法や法律との関係、
> あるいは軍事的な面から見てどうなのかを、あくまで防衛庁のなかで語
> ることが本務だろう。
自衛官に限らず、普通の国家公務員でも法律の遵守を誓約する。当たり前のことだ。
法を守ることと、制度のありようを議論することは全く別である。
現在の憲法が絶対不可侵のものだという朝日独特の論理だろうか。これはもう宗教である。

> 国会による文民統制がこれほど必要なときはない。
もう一度憲法六十六条である。
2 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
内閣による文民統制ですね。護憲を主張する割には憲法読んでないんじゃない?
国会が内閣を選ぶのだというのだろうが、国会が自衛隊を直接指揮するのではない。今の政府は朝日の気に入らないから、朝日よりの国会議員に代弁させたいということであろう。

自衛隊の存在さえ否定したい朝日新聞は、自衛隊員である者が一言でもしゃべることが気に入らないのであろう。
しかし国民は自衛隊を必要としているし、社会情勢の変化に応じてそのありようが適切なものでなければ困るのである。そのためには国会やわれわれ国民が必要な情報を得ながら自由に議論することが大切である。それが民主主義である。
朝日新聞は民主主義を弾圧している。

追記 2004/12/12
12月12日付毎日新聞余録
> 文民統制の原則は大切にしたい。しかし、文民に任せきりでは危険を防
> げないことだってある。「現場を知らぬ文官」の暴走こそ恐るべし。
いつも小朝日的意見の毎日新聞も、さすがにこの問題には冷静な分析である。朝日新聞しか読まない読者のみなさん、世の中には違う意見、考え方というものがあるのですよ。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存