代理出産


カテゴリ
tomozo
tomozo/一覧 (112)



2007年3月
       
24

新着エントリ
朝鮮学校無償化を憂う (11/24)
民主党ヨイショの鳥越俊太郎 (11/22)
尖閣 中国漁船衝突映像 (11/6)
五輪招致失敗の理由 (10/3)
暴動隠す朝日新聞 (7/8)
人種差別、職業差別をあおる朝日新聞 (2/15)
米兵少女暴行事件、非道な米兵は出て行け! (2/12)
ジェイティフーズの輸入したギョウザで中毒! (1/30)
鳥越俊太郎の印象操作−銃とくれば米軍か自衛隊? (12/15)
王子って何だ? (10/20)
外国人犯罪を日本人犯罪と誤解させる朝日新聞 (10/1)
SDな朝日新聞 (8/10)
主催者報じない朝日新聞 (7/16)
大谷昭宏 (5/19)
NEWS23の伝える不法滞在 (4/20)
民主主義を売り物にする朝日新聞 (4/19)
韓国出身学生と韓国人学生 読者の誤解?を期待する新聞社 (4/18)
朝日新聞の考え (4/15)
算数で洗脳? (4/15)
TBS・みのもんた「もうはっきり言って、廃業してもらいたい」 (3/29)
ドラフト不祥事 (3/24)
代理出産 (3/24)
特定候補をねらい打ちする朝日新聞 (3/22)
相川俊英ってジャーナリストを名乗っているようだが・・・ (12/17)
通名使用は実名報道の例外! (12/10)
朝日の教えは平和をもたらすのか? (10/12)
強姦強盗犯の名前を隠す神戸新聞 (10/12)
市民団体名を隠すNHK (10/11)
在日特権?通名でカードが作れるの? (8/22)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2004年 (30)
5月 (1)
9月 (2)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (7)
2005年 (43)
1月 (18)
2月 (12)
3月 (4)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (5)
8月 (1)
11月 (1)
2006年 (16)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (8)
10月 (3)
12月 (2)
2007年 (15)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
12月 (1)
2008年 (3)
1月 (1)
2月 (2)
2009年 (2)
7月 (1)
10月 (1)
2010年 (3)
11月 (3)


アクセスカウンタ
今日:6
昨日:12
累計:245,242


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2007年03月24日(Sat)
< 相川俊英ってジャーナリス... < 特定候補をねらい打ちする... | マスコミ批評/一覧 | ドラフト不祥事 > TBS・みのもんた「もう...
代理出産

タレントの向井亜紀が代理出産させたことを巡る最高裁判決で実子として認めないことが決まった。当然の判決だが、朝日新聞はじめマスコミは概して代理出産に対して好意的なスタンスをとっている。
朝日新聞社説
「原則として禁止するにしても、この方法でしか子が得られない人たちのことを考えたとき、例外的に認めることはできるのか。その場合の条件は何か。」
どうして原則的に禁止といいながら例外的に認めるなんて話が出てくるのか、気持ちが文章にでてしまう朝日新聞らしいといえばらしい社説だが、要するに認めてやるにはどうしようかと言いたいのだ。
子供が欲しい夫婦が、いろいろな努力をすることは当然だし、自然な気持ちだろう。だからといって、金で他人の腹を買ってまで子供を作るとはいかがなものか。
もちろん、普通の庶民が払えるような金額ではないだろう。一部の金持ちだけに可能な方法なのだ。
厚生労働大臣が「女性は産む機械」と発言したと騒ぎ立てた朝日新聞が、金で女性の生殖機能を売り買いすることに何の批判もないのはどうしたことだろう。
臓器移植で臓器を金で買うのとどう違うのだろう?むしろ、自らの延命のために必死である分、子供が欲しいという欲望を満たすことと較べれば、罪が軽いのではないか。
代理出産などを認めれば、臓器移植と同じく、金のために代理母となる女性が増えるだろう。出産にはそれなりのリスクを伴うことは当然だ。
代理出産を法的に認めてはならないし、そうした行為で生まれた親子を通常の親子と同じに認めてはならない。社会には秩序が必要なのである。

writebacks(6)
「代理母」報道の偽善、あるいは認知の歪み Posted by 玄倉川の岸辺 さん at 2007/03/27 19:18
子供のころ初めて読んだ「大人向けの本」は星新一のショートショートだった。
そのころからずっとSF小説を読みSF映画・アニメを見続けている。
マニアとか筋金入りとはとても言えないが、長年のSFファンとしてたいていの「非人間的」「非常識」「非倫理的」なアイデアには驚かない。
たとえばロバート・J・ソウヤーのネアンデルタール三部作では「ホモ・サピエンス・サピエンス(人類)が滅び、ホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人)が高度な文明を築いた並行世界」の姿が描かれているが、その世界はずいぶん非人間的だ。
ブックレビュー:《ネアンデルタール・パララックス》 シリーズ
ソウヤーの描くネアンデルタール世界には戦争はなく、犯罪はほとんど起きず、技術は進歩し、人口は抑制され環境問題も存在しない。
これだけだと理想的な世界のようだが、その代償として
  「宗教が存在しない」
  「すべての成人は腕に電子装置を移植し行動履歴が記録される」
  「犯罪を犯したものとその家族には断種処置が施される」
という条件がある。
「宗教の存在価値を否定」「プライバシー侵害」「優生学の社会的応用」どれも現実の世界では「人権を損なう・非常識な・非倫理的な」アイデアだが、SFの架空世界なら「むしろネアンデルタール社会のほうが合理的かも」と想像して楽しむことができる。
代理母とか、その延長線上にある人工子宮についても、それがSF的アイデアであれば驚きはしない。
代理母は「家畜人ヤプー」(未読)で描かれているそうだし、人工子宮は「すばらしい新世界」や「断絶への航海」でおなじみだ。
だから未来の選択肢として「代理母という方法を認めるかどうか議論する」のをタブーにするつもりはない。
だが、先日の最高裁判決をきっかけに噴き出た「現実に行われているのだから、代理母を法的に認めるのが当然」と言いたげなマスコミ論調や一部世論にはたじろぐ。引く。空恐ろしくなる。「『アイデア』と『現実』の区別がわかってるのか?」と問い詰めたくなる。
核燃料加工施設で職員がウラン溶液をバケツで移して臨界事故が起きたことがある。
   東海村JCO臨界事故 - Wikipedia
「代理母が行われている現実にあわせて法律を作れ」という発想は「バケツ移送の現実に合わせてマニュアルを書き換えろ」と似てはいないか。
柳沢厚労相の「産む

Synthroid. Posted by Synthroid. さん at 2008/10/25 03:50
Synthroid.

Synthroid. Posted by Cytomel plus synthroid. さん at 2008/11/09 06:45
Side effects of synthroid. Synthroid and orange juice.

.. Posted by .. さん at 2010/01/27 07:49
..

Psychic seduction. Posted by Psychic seduction torrent. さん at 2010/12/23 09:15
Psychic seduction torrent.

Psi psychic. Posted by Psi psychic. さん at 2010/12/24 09:05
Psi psychic.

トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存